和装で花嫁が気を配る所作

結婚式での花嫁は、写真や映像、参列者の印象にも残りますので、立ち方や歩き方などの所作にも気を配る必要があります。

結婚式で着用する和装は白無垢や色打掛などがありますが、どれも着慣れないもので、さらに結婚式という特別な場の緊張もあるので、なかなか思うような振る舞いができずに後で後悔したという意見もあります。前もって、和装の際の立ち方や座り方、歩き方や目線などは練習やイメージを重ねておくことをおすすめします。

和装は、何枚もの衣装を重ねて着用するため、普段よりも重たく感じます。衣装の重さで背中が丸くなってしまいがちなのですが、美しい衣装をより美しく見せるためには、意識して背筋を伸ばすように心がけることが大切です。しかし、背筋を伸ばそうと意識しすぎると余計に力が入ってしまうことがありますので、力が入っていると思ったら、軽く顎を引いて、肩の力を抜いてみてください。そうすると、すっと背筋が伸びて美しい立ち姿勢になります。

また、姿勢と目線は連動しますので、目線を意識すると姿勢が整いやすくなります。入場の際など歩くときの目線は少し伏し目にすると美しく見えます。3メートル程先の地面を見て歩きましょう。挙式の際は、参列者の顔より少し下の胸元あたりに目線をおくようにしましょう。

和装を着ていると、普段のような歩き方だと雑に見えてしまうことがあります。大股でガニ股にならないように注意し、内股気味で歩幅は小さく、すり足で歩くように心がけましょう。

挙式や披露宴では何度もお辞儀をするシーンがあります。お辞儀は普段行うように深々と頭を下げたり、頭だけを動かして会釈したりといった仕草は、和装にはあまり美しく見えません。頭を下げる際は、腰から30度ほど折るように意識しましょう。

↑PAGE TOP